読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代OLの人生消耗ブログ

20代都内在住OLののつぶやき。

沈黙-silence-

 

 

多分人から誘われなければみなかった作品。

キリシタン宣教師の受難と苦悩、神への愛の話。

 

考えることが多くて、難しかった。

ロドリゴは何を考えて晩年を過ごしたのだろうか。

原作読んでみたいな…相当エネルギーいるだろうけど。

 

個人的に、ガルペがアダムドライバーだったのよかった。カイロレン…似合ってるよ。

 

私はキリスト教徒じゃないし、何も知らないからなんとも分からないけど、解説読んだらスッキリした。

 

序盤、命のために棄教をすすめたり、キリストの教えに疑問を抱いて苦悩したりした宣教師たちより、自らの深い信仰心に従って死を選ぶ日本の信徒の方が神の愛を信じてるじゃん!と思った。

でも、彼らが信じているのは神ではない。

信じることで救われる、死後の幸せを約束されるという教義だった。

祈りや死後の世界に救いを求めるのは、仏教でも同じことだ。

しかし生まれてから死ぬまでずっと貧しくて、先祖代々そういう生活しかしてこなかった百姓たちは、仏教の教えは救いにはならない、極楽浄土などないという悟りに達していた。

そこで現れたのが異国の神。慈愛をもって人々を導き、受難を経てパライソへ連れて行ってくれる存在だ。

目の前の苦しく辛く、罪深い人生の中で、自分の存在を許してくれるキリストの存在。

 

彼らはその教義の中にある、敵を愛したり哀れみをもって他者に手を差し伸べようとはしない。

村人ではないキチジローを人質にしようとし、信仰の名の下に相手に死ねと言っているのに、それがどれほど罪深いことなのか理解さえしていない。

彼らはただ、自分を助けて欲しくて、差し伸べてくれる手を待っているだけなのだ。

 

 

そしてそのことを、フェレイラ神父は悟った。だから、今為すべきことを為したのだ。

 

浅野忠信の言う通り、ロドリゴはひたすら神に祈るだけで、何も自分の意思がない。

ただ嫌々と、駄々をこねているだけのように感じた。

キチジローのように、表面上信仰を捨て、心の中で神を崇めていれば良かったのに。

 

多分だけど、ロドリゴもガルペも、ポルトガル出身だし生まれた時からキリスト教徒で、きっと貧しい生活をしてこなかったんじゃないかな。

本や話の中で、キリストが受けた拷問や苦難を理解していても、自分のこととは遠いものだと思っていたんだろう。

 

日本で初めて、かつてキリストが経験したような飢えや寒さ、厳しい自然、そして偏見と迫害を身をもって知ったのでは。そしてそのような境遇の中でも救いを求める手を優しく包み込まなければならないと言う使命。

 

どうして沈黙をするのか、とロドリゴは何度も叫んだ。

神は、沈黙しているのではない、共に苦しんでいるのだ、と答えた。

 

神は、決して救ってはくれない。

ただ静かに、寄り添ってくれるだけだ。

 

 

 

 

 

コンビニ人間

 

 

 

芥川賞を取ってからかなり時間が空いてしまったけど、村田沙耶香著『コンビニ人間』を読了した。

 

普段はこういう純文学?というか、なんとか賞を取るような有名な本は読まないんだけど、作者がかなり特殊なキャラクターらしく、テレビでも紹介されたので手に取ってみた。

 

あらすじ全然知らなくて、ずーっとコンビニでバイトしてきた未婚女性が、そんな生き方おかしいと指摘する大学生バイトに恋をしていく話だと思っていた。

 

 

読んで見て思った。そんな訳ない。笑

 

 

 

予想以上にやばいやつだった。笑

 

 

主人公の恵子は、子供の頃から共感能力というか社会性が欠如した人間で、いわゆるサイコパス。徹底的に合理性を求めた考え方をして、手段を選ばないため、両親や周りの人間からも気味悪がられていた。

 

これ読んで思ったのが、『悪の教典』の蓮見聖司。これも主人公がサイコパスで、自分の理想郷を作るために教え子を惨殺していく話なんだけど、彼は自分の欲望に忠実で、意思がはっきりしているし、頭がいい。

 

サイコパスと定義づけられる人は、蓮見聖司みたいに頭が良くカリスマ性があって、一見しては普通の人間と変わらないそう。経営者とかに多いらしい。

 

その点、恵子には自分の意思がない。本人が何度も言っているけど、指示さえあればなんでもするタイプ。

蓮見のような暴力性はなく、家族を困らしたくないし、友人とも普通に付き合って行きたいと思っている。

 

恵子も蓮見も、自分の振る舞いに関して他人の真似をすることで社会から異常とみなされないように努力している。

恵子の場合、その人格は18年にも及ぶコンビニのアルバイト生活から培ったもので、話し方はいちいち元気で、なんか感情がこもっていない。文章からでもわかるから、実際に見ても異質に感じると思うんじゃないかな。

 

恐ろしいほど他人に興味がなく、あるのはコンビニでアルバイトをすることだけ。

だから怒ったり、喜んだりすることもない。

ただ、彼女は社会の歯車になりたいのだ。

自分にとっては普通の振る舞いでも、それだけで周囲にとっては異常に映る。そのせいで何度も家族に迷惑をかけてきた。

彼女はただ平穏に、普通に生きたい。

そして、それを叶えてくれるのは、コンビニだったのだ。

 

 

 

『コンビニ人間』というタイトルを見て、何かの比喩かと思ったら、本当にコンビニでしか生きられない生き物の話だった。

何度も辛い…と思いながら、でもとても面白かった。

恵子の普通になりたいという気持ちが、とても良くわかるから。

 

 

物語のキーパーソンとなる白羽については、特に思うことなし。

典型的なクズで、言ってることめちゃくちゃ。

最近、こういう生き辛いであろう人間を見たことがあるから、結構いるのかな。

なんか、前に動物は弱肉強食なのに、どうして人間は弱い人間を助けるのか、っていう質問に、人間は社会性を持つことで発展してきて、弱い存在も守ることが生存戦略なんだと回答したやつがあったけど、それを思い出した。

最近では、多様性とか生き方とか、昔ほど色々固執する時代ではないから、恵子や白羽もそこまで責められないのかな、とも思う。

まあ、マイノリティではあるだろうけど。

 

 

恵子がコンビニを辞める前、クズ男白羽と同居していることがバレて祭り状態になっちゃうんだけど、今まで恵子はいい人だとか、趣味が合うかもとか言ってた人たちが、稽古を除け者にして飲み会してたと分かったり、あからさまに騒いだりして、結局居場所だと思ってたとこにも影で馬鹿にされてたんだな、って。

恵子の異常さはやっぱバレてたんだな。あんなに偽装して振舞ってたのに、自分と違うってことには、敏感になるもんね。直感というか。

 

騒ぎ立てられて泣きそうになる恵子が本当に見てるの辛くて、ほんと生きづらい…と思った。

ほんと、山奥で世捨て人みたいな生活をするしかないな。

 

 

それでも、最後はコンビニしかない、って普通の人間になるのを諦めるんだけど、彼女は最後どうなるのかな。

もし、恵子が最初にコンビニに勤めてなくて、例えば食品工場とかだったら、『食品工場人間』になってたのかな。

自分で考えることをしないから、案外刷り込みなのかも。

 

 

久々に、本を読んで辛くなった。笑

でも、面白い。なんかコミカルだし。

 

 

 

 

あいるびーばっく

 

 

お久しぶりです。

 

 

戻ってきましたよ!

 

 

 

 

 

 

ケイタイが!!

 

 

 

2ヶ月の旅を終えて、

無傷で帰ってきたよ〜

 

 

新しいやつ買おうと思ってたから…

 

ほんとよかった〜(^_^)

 

 

 

そんな夜。

 

 

 

 

風邪ひいて喉痛い。

 

 

 

 

リトル・フォレスト

 

 

 

今日はお休み。何の日でしたっけ?勤労感謝の日

 

 

朝から予定を入れていたけど、ドア開けたら大ぶりの雨だったんでキャンセルした。

 

そのままだらだらHuluで映画を見る。

 

よっぽど面白くなきゃ2時間も画面も見続けれない。

 

そしてさきにネタバレ読んじゃうタイプの人間なので、

だいたいあ~ってなってチャンネル変えちゃう。

 

 

そんな私でも、『リトル・フォレスト』は無性に何度も見たくなる映画です。

 

橋本愛ちゃんがほぼすっぴん?て感じで、おいしそうなご飯を作っては食べる映画。

 

東北の田舎、山奥の一軒家で一人暮らしをする様子を、春夏秋冬で見守っていく。

 

この映画を見ると、こんな生活したいなあーと憧れます。

 

私も鴨飼って田んぼに放したいよ。

 

橋本愛演じる主人公・イチコは、都会での生活から逃げて地元の小森に帰ってくるけど、唯一の肉親である母親はある日突然家を出てからは音信不通。

以来何をするにも一人でしていかなければならない。お金を稼ぐのも、食べていくのも。

小森に戻ってきたのはいいけれど、ずっとそこに生活の基礎を置きたくもないと考えている・・・。

 

イチコは小森での生活を通して、自分を置いて出て行った母親のことや、小森で暮らしていくことについて心の整理をしていく。

 

イチコは地元へ逃げて帰ってきたと考えていて、

それがそこで一生懸命生きている人に対して失礼だと感じている。

特に目的もなく日を過ごしていくことに、虚無感も抱えている。

でも一度失敗したことをもう一度する勇気もない。

 

そんな彼女が雄大な自然の中で、勇気を踏み出す物語です。

 

わたしも田舎育ちだけど、グミの実とかあけびとか食べたことない。

実家では毎年お米を作っているけど、ろくに手伝いもしなかった。

いまだに畑は芋虫が怖くて近づけないし。

 

それでも、田舎の生活がすきなんだなあ。

生まれ育ったところというのは、身に染みついているもんですなあ。

 

 

 

 

小森、行ってみたい。

 

 

 

おやすみ。

 

 

 

 

I lost my cell Phone.

 

 

オヒサシブリデス。

 

ちょっと最近落ち込んでて、更新してませんです。

 

毎日書くって言ってたのにね。

 

今日からまた頑張るよ。

 

 

 

さて。タイトル通りケータイ亡くしました。

 

ケータイっていうと必ず「スマホでしょ!」って言いなおしてくるやつおるけど、

私にとっちゃどうでもいいんだが。

携帯できる電話です。

 

前回の記事のあと、私4時起きで広島向かったんですね。

 

そこで失くしました。ロスト。

 

トイレに置き忘れて、目を離したのはほんの10~15分だったんですけど、

 

GPSで探してみたら、落とした場所よりかなり東方の「五日市」というところにあります。

 

あ、盗まれたんだな、と。

 

よく「日本では落し物が無傷で戻ってくる」なんて言うけれど、

そんなことなかった。

 

割と性善説で生きてきた身としては、ケータイ亡くしたことよりも、

落としたケータイ盗もうとしている人が身近にいる

ということのほうがショックでした。

 

今は電池切れたみたいで、もうGPSであとは追えません・・・・

探しに行こうかなと思ったけど、車もないし、費用も馬鹿にならないので諦めます。

 

 

ここで、もしケータイを失くしてしまったときのハウツーを記しときます!

今までなかったから大丈夫!と思っていても、どうなるか分からないのが人生!

 

① 警察に届ける

私は落としてすぐはパニックになって、おんなじとこずっとグルグルしてたため時間がなかったんですけど、すぐに届け出たほうがいいよね。

場合によっては30分ぐらいかかることもあるし。

私は時間がなかったので帰ってから電話で届け出しました。

もち、会社の℡から!周りの視線ハズカシイ!

でも、特徴伝えただけなんで、実際戻ってくるかはビミョー。

また、落し物が駅に届けられた場合、警察に共有がくるのには時間がかかるため、念のためJRにも連絡してみてと言われました。

確かに、駅に落ちてたら駅員さんにとどけるもんね。

 

② iPhoneをさがす を設定しておくこと

私が落としたのはapple製品なんですけどね。これはPCとかネット環境あれば遠隔で操作できるみたいなんです。

紛失モードにすれば、ホーム画面に「警察に届け出て、もしくはここに連絡して」みたいなメッセージが入力できるんです。

あとは遠隔で端末情報が消せたり、アラーム音を鳴らせたりできます。

まあこんなの、盗まれてたら意味ないんだけどね・・・。

これに気付いたのは落とした日の夜だったんだけどね。もう少し早く気付いていれば取り返せたかもしれない・・・。

あと、これは端末がオンラインになってないと使えません。私の場合電気切れになるまで使えてたので、使った後捨てられた可能性が高いです。

 

 

③ SIMカードを止める

ケータイ盗まれたあと捨てられる・・・?なぜ?転売目的じゃないの?

これ、めっちゃ怖いですね。だって端末に興味ないなら、盗んだ目的はSIMカードの個人情報では?

気付いてからめっちゃ戦慄しました。だってSIMカードの情報って一旦抜かれたらおしまいじゃないですか。

なんかネットで調べたらおしまい!みたいな記事しかなくて絶望したんですけど。

翌朝、会社から速攻で電話して止めてもらいましたけど、遅かったかな。。。

 

怖いから今後、SIMカードには必ずロックを掛けることをお勧めします!

 

③ 新しい連絡先を手配する

もう盗まれてから一日経つと、戻ってくることを8割がたあきらめました。

とりあえず取り急ぎ手配するのは、新しい連絡先。

私は基本lineで連絡取っているんですけど、LineってPCからも入れますよね。

アカウント覚えていたら!

 

私は幸いアカウント覚えていたんですけど、他の端末から入れないようにしてたんですね、設定。

ほら、ベッキーゲスの極みの不倫騒動で話題になったので・・・。見られる相手なんていないのにね。

ということで、絶賛Line使えない中です。まあ普段から連取ってるような人もいないので・・・。

 

端末は、知人の中古をもらい受ける予定です。中古ってなんかいやな気がするけど(

私のみたいに盗品が出回ってそうで)

知り合いのだから安心ですね!もらい受ける際には、必ずアクティベーションロックを

解除してもらうこと!こうしないとログインできません。

 

 

なんかブログがめっちゃ重いのでいったん切りますね。さようなら。

 

 

 

 

 

 

9/9

 

 

タイトルって考えるのめんどい。

 

面白いやつを…と思うとたいていさぶいやつができる。

 

 

 

誓いを破ったことは軽くスルーしよう。

 

 

 

1週間終わったねー

早かった。

 

来週は更に早いだろう…

 

今の会社、期待されてる分には応えたいけど

将来の経営層とかは無理だよー

想像できない。

あと半年で辞めようと思ってるのに。

 

でもいろんな人の履歴書とか見てると、

やっぱ職歴短いとどこもとってくれないよなー

私フリーターになりたいと思っているのに。

 

思うに、キャリアが通用するのは都会だけ。

ちょっと田舎に出れば

単純な労働力のほうがはるかに重視される。

お金はあればいいけど、

だからと言って幸せは買えない。

 

難しい。

 

 

私は何を大事にしたいんだろう?

考える間も無く自分のすきなこと、

絵を描いたり本を読んだりしたい。

組織で働くのは向いてないと思う。

誰だってそう思うだろうけど、

でも辞めるほどじゃないでしょ?

それでもやめちゃった人が、

あの履歴書の人達なんだよなあ。

 

人と違う生き方をするのは、

それなりのリスクがあるわけだけど、

私にその覚悟があるのかと聞かれたら、

ないです。

 

いい加減肚きめないとなのにな。

 

 

 

ていうか明日4時起きなのに何語っとんじゃー

 

 

 

寝る!

 

 

クリアファイル用ファイル

 

 

っていうのがあるらしいですわ。

 

なんのこっちゃ?て感じだけど

クリアファイルのグッズって確かに多いよなー

クリアファイルなんか使う機会あんまないのにや。

あったら便利だけども。

 

 

ブログに、あんまネガティブなこと書きたくないけど、誰も見てないしいっか〜

 

なんか唐突に、鬱になることないですか。

今日もね、仕事でミスしてはないけど、個人的にやっちまったみたいなことがあって、

あー消えたいとなったんですよ。

 

儚すぎません?

 

最近は仕事が忙しくて、

やっと辞めたいループから抜け出せたんだけど、

いかんせん辞めたいという気持ちが強すぎて

あと半年も持つか微妙。

正直な年内で辞めたいけど、

かといってツテもないし、目標もなく辞めたら、きっとまた同じ感じで辞めるだろう。

前向きな理由じゃなきゃ転職なんてできない。

今の会社、残業ないし給与はそこそこだし、条件的には恵まれてるんです。

でもどうしても、今後この会社で働いていくビジョンが見えない。

特に知識やスキルが身につくとも感じないし、そもそも業界に興味がないので。

それに、人を育てる環境が根付いてない。

仲は悪くないけど個人主義って感じ。

だからか知らないけど毎月1人は必ず辞めてくし。

これやばいよね?

 

は〜。田舎で生活したい…

一軒家の縁側でお昼寝したいよ〜

 

とりあえず、生きよう。

 

 

おやすみ。