20代OLの人生消耗ブログ

20代都内在住OLののつぶやき。

私の男/砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない

 

 

絶賛無職中、時間がありあまって仕方がなかったので、図書館をはしごすることがルーティンになってました。

 

 

桜庭一樹の本を2冊読んだので、感想をば。

ネタバレしてますのでご注意。

 

 

 

『私の男』

 

 

二階堂ふみ浅野忠信で映画化もされてますね。

 

父親と娘の、愛と罪と絶望の物語でした。

 

主人公は娘の花と、その養父淳吾。

花は9歳のとき震災で両親と兄妹を失い、天涯孤独になってしまったところを、突然親戚だと名乗る25歳の淳吾に引き取られます。

 

2人は出会ったときからお互いにはお互いしかいないという極限の状態で、狭く閉ざされた北の地で、身を寄せ合って生きています。

 

淳吾は花を血の人形と言います。

花は淳吾が欲しくて欲しくて仕方なかったものを持っていて、それを淳吾に与えてくれます。

血の繋がりによる、無償の愛と、赦し。

それにより淳吾は心が満たされる日々を送ることができます。

 

花は花で、幼い頃から家族と自分は違うという違和感を抱え、疎外感の中で暮らしていました。

目の前で家族全員を失い、自分だけが生き残ったことで、その疎外感が一層深まり、周囲に心を閉ざすようになります。

 

そんな中、ただ自分だけを求め、愛を与えてくれる淳吾の出現により彼女もまた救われます。

彼が与えてくれるものに、花も全力で応えたいと思うようになります。

たとえ世間には顔向けできない関係であっても。

 

物語の中で2人は人間のタブーを何度も冒しています。人を殺すこともしてますが、それは2人のなかではあまり重要ではありません。

 

読み進める度に話はさかのぼり、2人が最初は純粋にお互いを愛していたこと、関係が深くなるにつれお互い雁字搦めになって身動きが取れなくなり、息が詰まる様になっているのが分かります。

 

淳吾は社会に溶け込めなくなり、花は婚約者との結婚を控えて淳吾を疎ましく思うようになります。

 

2人の関係には終わりがありません。

どこまでいっても2人が親子であり、その為にいくつもの罪を重ねてきた事実は変わらないからです。

 

最後、淳吾は花の結婚を見送り、そのまま何も言わずに姿を消します。

多分、死ぬ為に消えたんじゃないかなと思います。

 

花は普通の親子に戻ろうとして、でも心では私の男を独占してて。

淳吾は花に自分だけの人形でいて欲しくて、でも花の幸せも願っていて。

 

どうにもならない現実だけが横たわっている。

 

 

2人の遣る瀬無い気持ちがねっとりと絡んでくるような。

そんな物語でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』

 

 

 

これも重い話です。

 

主人公は山田なぎさ。中学生で、父親を海難事故で失くしており母親と兄の三人暮らしをしています。

 

兄は同級生との何かが原因で糸が切れたように引きこもるようになり、もともと美形だったのが神懸かり的な存在になります。

少ない生活費を食い散らかす兄を、なぎさはとても愛しています。

 

なぎさはそんな家族を支えるため、早く大人になって自衛官になりたいと強く願っています。

 

そんななぎさの元に、かつて人気を博していたがスキャンダルにより地元に戻ってきた人気歌手の娘、海野藻屑が転校生として現れます。

 

藻屑は自己紹介からぶっ飛んでいて、自分は人魚で海からきたと言い張り、そんな彼女をなぎさは冷ややかに見つめます。

 

藻屑は美人で身につけているものもブランド品。都会の風を吹かせるお嬢様ですが、言うことなすこと脈絡がなく、周りに溶け込もうというそぶりも見せない。

藻屑は周囲に嘘ばかり吐き、次第に孤立していきます。

 

なぎさは藻屑に冷たく当たりますが、藻屑はなぎさが気に入り、2人は交流を持つようになります。

 

そんな中で、藻屑が実の父親から日常的に虐待を受けている様子が明らかになります。

それでも藻屑は父親しかいないと父を庇い、一方で父親から愛されることを諦めてただ耐えています。

 

藻屑は周囲の気を引きたくて、ひとりぼっちになりたくなくて、嘘という名の弾丸を撃ちまくります。

その弾丸を受け止めてきたなぎさは一人で現実に、立ち向かおうとしますが、彼女たちの力はあまりにも無力で、実弾を持つ大人には何の威力も果たせません。

 

砂糖菓子の弾丸、甘くて脆い、子供の世界。

 

藻屑も、なぎさも、なぎさの兄も、その小さな体では受け止めきれない現実にただ耐えて、そして藻屑だけ大人になることはできませんでした。

 

悲しみとやるせなさ。

そんな物語でした。

 

 

 

 

 

マゾかもしれない

 

 

 

 

今、新天地にいます。

 

結局不安定な方の道を選びました。

 

 

最後にはもう、考えるのがめんどくさくなって、まあいっか!なるようになる!って現実逃避して。

 

まあ、なんとかやってます。

 

でも、しんどい。

 

 

やっぱり舐めてた。

 

 

簡単に言いますと、現在無職です。

 

 

新しいお家、めちゃボロくて、隣うるさい。

 

こんなん普通なんかな?

 

今まですごくいいところに住まわせてもらってたんだなと感謝。

 

しかし、一度ミルクの味を知ってしまったら、水など飲めなくなってしまうのです。

 

私、人生舐めすぎてた。

 

なんとかなるとか思ってたけど、あれは嫌これは無理とか、今までの人生が邪魔をする。

 

 

大人しく流されておけば、こんなストレスは溜めなかったのにね。

 

でも、なあなあになるのは嫌で、自分で選んだ。

 

厳しい方の道を選んで、やっぱ無理だと投げ捨てたい。

 

 

自分しか頼りたくないけど、こういうとき家族のありがたみを知る。

 

 

今、私の人生の過渡期。

 

やばい。

 

やばいって、すごい便利な言葉。

 

 

 

 

とりあえず、仕事探します!

 

 

 

 

 

選択肢

 

 

 

いま、目の前に二つの道があって。

 

 

一つは不安定でも、欲しい環境が手に入り、

 

もう一つは安定しているけど望まない環境で、

 

 

どっちを選ぶべきなのか延々考えている。

 

 

毎回不安定でも欲しい環境、を選んでしまい、5戦5勝くらいしているんだけど、

 

それでも安定の選択肢を消すことができない。

 

というか現実問題として前者の方向に話が進んでいるから、いまさらやっぱやめるとは言えないし。

 

 

でも、安定している、ということは、それらをすべてひっくり返してしまうほど、魅力的なのだ。

 

 

ぼやかしすぎてて何のこっちゃ分からないと思いますけど、安定している、というのは収入のことです。

 

 

はあ〜欲しい環境で、なおかつ安定の道があればなあ。

いや、これから探せばいいんだけど。

 

もう面接とかしたくないんだよ〜

 

 

 

 

 

安定の選択肢を選びたくないのは、それを選べば今までと同じことになってしまうような気がしてるから。

 

きっと3年後くらいに嫌になって辞めたくなっちゃうよ。

 

私はお尻に火がつかなきゃ本気にならない性格だし。

 

デッドオアアライブくらい過酷な環境の方が自分に鞭打つことができる。

 

ものっっっっそストレス溜まりそうだけど。

 

 

人生って、難しいよ。

1回しか選べなくて、期限が決まってるなんて、後悔しない方が難しい。

 

正しい方を選んだとしても、自分にはどうにもできない大きな力に揺さぶられたりして。

 

私は牧場物語ですら攻略本を買うような女なのに。

 

 

 

 

 

 

はあ〜はやく自由になりたい。

 

 

 

 

東京国立博物館へ行ってきた

 

東京を離れるのももうすぐ。

 

友人と最後の晩餐に行ったとき、「東京でやり残したことない?」と聞かれたけど、

 

ディズニーリゾート行ったし、

ハトバス乗ったし、

皇居行ったし、

鴨川シーワールド行ったし、

箱根行ったし、

草津もいけたから

特にやり残したことないな〜と思っていたら

 

一個ありました。

 

東京国立博物館

 

 

と、いうわけで今回トーハクに行ってきました〜

 

家からは1時間かかった。

 

というか、どこに行くにしても片道1時間はかかる。不便なとこに住んでます。

 

めーっちゃ暑くて、ザンバラ髪で出て行ったのが悔やまれる…

 

基本出無精で出掛けよう!ってエンジンかかるのめっちゃ時間かかるんだけど、

あまりの暑さに電車おりてからもう帰ろっかな…ってガチで思った。

ほんで人多いし。

 

西洋美術館も行ってみようかと思ったけど、炎天下なのにめちゃくちゃ人並んでて断念。

 

美術館てあんま人いないのかと思ったけど、人気なんだね〜

 

 

 

そんで、上野公園で迷子になりつつ、無事到着!

 

東京国立博物館ー!ぱふぱふ

 

f:id:rahaneu15:20170918220103j:image

 

この日は無料開放デイとかで、入館料いらんかった!

それでも大人620円だけど!さすが国立!

 

本館に入って、いろいろ見る。

今日の目玉は、あれです。

 

国宝 三日月宗近

 

f:id:rahaneu15:20170918220243j:image

 

写真撮影おっけーだったよ〜

そこだけ人並んでた。

 

打のけが多い故…って言ってたけど、ほんとに打のけ多かったです。

本物は綺麗だね〜

 

他にも長船とか貞宗とか聞いたことある刀があって面白かった!

 

いやはや、刀ゾーンは人多かったけど、他のところはそんなに人いなかった。

やっぱジャパニーズソードは人気なんだねー

 

 

 

美術館とか、博物館とか、行くたびに思うんだけど、

 

作品とか作者に対しての前知識がもっとあれば、もっと楽しめるんだろうな〜

 

ただ見てるだけだと、ふーんとか綺麗とか、きっと寝たら忘れるような感想しか抱かないけど、

 

本とか図鑑で知ってたら、おお!これが!みたいな感じで楽しめるもんね。

 

刀についても刃文とか部位とか、知ってればなるほど美しいみたいになるかもしれんもんね。

 

もったいないな〜と思いつつ、毎回何もしない私です。

 

一応仏教の本とか刀の本かったんだけどな…

 

 

 

 

そんな感じで、東京での心残りは無くなりました!

 

と、言いたいとこだけど、ほんとはもっと行きたいとこあったな。

 

まあいいや、いずれの日か!

 

 

 

 

 

あと1ヶ月

 

 

 

想像した通り、特に嫌がらせとか無理だとか言われず、淡々と退職までの日を過ごしている。

 

仕事量は変わらず、むしろ引き継ぎのせいで忙しい。

 

 

退職を伝えたこと、ちょっと後悔したけど、今はもう吹っ切れた。

 

それよりも、新しい環境で生活を始めることがすごくワクワクする。

 

仕事は決まってない。

 

いくつか面接受けたけど、ダメだった。

 

でも不思議と焦ってない。

 

ほんと、働きたくないんだなあ。

 

いざとなれば何をしても生きていけるという、漠然とした自信がある。

 

これは甘えだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

親にはなかなか言えなかった。

 

やっと今日、話した。

 

電話の向こうで、ちょっと泣いてたみたい。

 

最終的には、頑張りなさいと言ってくれたけど。

 

内心不安でしょうがないんだろう。

 

未婚でフラフラしてる娘なんて、いくら親には迷惑かけないと言ったって心配になるに決まってる。

 

特にうちの親はしっかりした親だから。

 

 

 

私のことは心配しないで、どこでも生きていけるよって言ったって、甘えん坊で泣き虫の私を知っているから。

 

やばい、ちょっと泣きそう。

 

 

 

 

 

 

これで全部、逃げ道は潰した。

 

 

あとは自分次第。

 

 

いつか見た、こんな人生は送りたくないと思った高学歴ワーキングプアになるのか。

 

子供の頃から漠然となりたかった仕事をするのか。

 

 

 

 

 

飛び込むしかない。

 

 

 

 

仕事のこと

 

 

今日、ついに言った。

言ってしまった。

 

仕事辞める気でいること。

もうここ半年ぐらい、ずっと悩んでた。

仕事、このまま続けて意味あんの?ずっとおんなじところで?

でも、自分にはやりたいことなんてないし、誇れるスキルもない。

何もないのに、今のお給料あって必ず休めて仕事もきつくない環境を、捨てたいの?

 

 

結局、出た答えは辞める。だった。

東京から離れたいのが一番な理由。

ほんとは、田舎でのんびり暮らすのが夢。

ほんとは、手に職つけて自立したい。

ほんとは、農業やって自給自足の生活してみたい。

ほんとは、絵を描いて過ごしたい。

 

全部、ほんとで、全部、夢だ。

 

 

 

辞めると言ったとき、上司は止めずに応援してくれた。

やりたいことやるのが一番いいよ、って。

 

でも、本当にやりたいのか分からないの。

だって全く勉強してないし、努力もしてない。

面倒なことは最後まで後回しで、やりたいやりたいと言いながら楽して出来ないかとだらだらする。

昔から変わらない、こういうとこが大嫌い。

 

努力しないくせに、後悔ばっかりで。

 

 

だから、ひとつだけ、頑張ることにした。

一番どうにもならないけど、一番やりたいと思うこと。

もはや意地になってるだけかもしれないけど。

その意地でさえ私を支える要素の一つ。

 

 

 

 

 

 

辞めると言ったそのあとすぐ、面接に行った。

多分ダメだな。

でも、別にショックじゃなかった。

ショックなのは、別のことだ。

 

 

もう、言ってしまった。

言ってしまったから、取り消せない。

粛々と退職の準備が進むのだろう。

 

ああ

 

私は自分が作ってきた3年間を、捨ててしまうんだなあ。

 

 

3年間築いた信用とか、人間関係とか、そういうの全部、また一からになるんだなあ。

 

転職、面倒だ。

 

ちょっと後悔した。

後悔したあと、じゃあずっと続ける?って聞いてみたら、答えはやっぱりノーだった。

 

環境を変えたい。

それが一番。

 

 

そして、働きたくない。

 

新卒の時、自己分析を何度しても、結局この答えにたどり着いた。

 

 

働きたくない。

 

 

そして、今も、おんなじ答えにたどり着いている。

3年間で、仕事に向き合えてこれたんだろうか。

全く成長してないじゃないか。

 

世間は働かないものに厳しい。

だから、もう、死ぬしかないのかな?とか、考えたりね。

 

完全に病んでるね。

どうしたらいいのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず、仕事は辞めます。

人は良いし、大好きな職場だとおもう。

でも、この先何年も続ける未来は見えない。

 

ごめんなさい。

育ててもらったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

長野放浪記2

 

 

ちょっと風邪気味。

流石に出張からの旅行はしんどかった。

最近体調崩しやすくて、なんか突然寒気とかしてくるからまじ勘弁。

 

てなわけでもう布団の中なんですよ。

 

 

 

 

 

さて、長野旅の続きなんですけれどもね。

 

2日目はシティホテルから出発。

30分くらいかけて善光寺までお散歩。

 

結構歩いた!けど、日頃歩いてるから、30分な徒歩移動など気にしない。

 

行きすがらいろんなお店見たけど、閉まってて残念。美味しそうなパン屋とか。

あとカフェ併設のドミトリーとかあったから、今度はホテルじゃなくてそういうとこ泊まってみたい。

 

参道は石畳で雰囲気あった。

石畳っていいよねー…落ち着く。

f:id:rahaneu15:20170625203949j:image

 

で、善光寺さん!

参道の途中にもお参りするところがあった。

水子供養のお寺。

 

神社仏閣にお参りするときって何考える?

お願い事する?

 

私はなんか、挨拶するだけになっちゃう。

そんなに差し迫った願いが無いからだと思うけど、いつもみんな何を真剣にお願いしてるのかな〜って。

 

 

門を越えても参道が続いてたよ。

お店は例のごとくしまってましたが、おかげで人もまばら。

 

本殿にお参りして、胎内めぐり?してきた。

暗闇の中、御堂を回ってくるやつ。

壁を伝っていったはずなのに、お目当てのものに触れなかったー!

触らなかったから何があったかわからない!

鈴とか?

 

ほんとに一寸の光も無いから、怖くて、前に進んでる他の参拝客だけが頼りでした…

あんなとこで襲われたらひとたまりもない…怖い…

ディセントっていう映画思い出したよ…

 

 

本殿は広くて静かで、落ち着く。

いつもお参りしても何一つ頭に入らずに出てきちゃうから、何を祀ってたのか分かんないんだけど、あの畳の空間、落ち着く。

ただそれだけの理由で、お寺が好きです。

もちろん、興味はあります。

 

なんか気持ちよくなったところで、御朱印書いてもらった。

最近は御朱印集める人多くて、並ぶの嫌だから紙のやつばっか貰ってたんだけど、久々に書いて貰った。やっぱり結構待った。

 

とうとう、2年前に高千穂神社で買った御朱印帳がいっぱいになったよ!

次はどこで買おう…中々行けないとこで買いたいな。

 

f:id:rahaneu15:20170625204954j:image

 

だいぶ早くにお参りしたから、9:30には善光寺出たんだけど、帰りはお店開いてたよ。

参拝客も増えてた。

 

ここで、あの有名な七味買ったよ。

八幡屋礒五郎?だっけ?

おしゃれな七味缶!もちろん善光寺モデルのやつ!

 

私、内藤了の藤堂比奈子シリーズ好きで、主人公の出身地が善光寺の近くなんですよね。

そんで、この七味缶はキーアイテムなの。

主人公の支えで、命の恩人だったりする、スーパーアイテムなのです!

 

善光寺来たら絶対買おうと思ってた。

こういう聖地巡礼、好き…ミーハーなんです。

 

 

さて、こっから車で飛ばして、今回の旅行のメイン、戸隠へ!

 

なぜ戸隠かというと、これまた小説なんだけど、萩原規子先生の、RDGシリーズ、私大好きなんです。

というか、萩原先生のは全部好き。

 

この小説の主人公の友人、宗田真響と真夏、真澄兄弟の生まれが戸隠で、忍者とも関わりがあるという。

あと、戸隠の九頭龍とかね。結構重要な場所でよく出てきたから、行きたいなって。

戸隠神社!あとお蕎麦!

 

 

ほんならここが、すごい遠くて!

というか、山全体が神社みたいなもんで、山の中腹くらいまで車で登って、中社でお参りしたあと奥社まで歩いて行ったんだけど、片道60分!山道!

 

こんなに歩くとは思わなかったよね。

一応ジーンズとスニーカーで来たけどさ。

山にはまだふつーに雪残ってるし、なんなら雪山登山だし。

 

参拝客はめっちゃ多かった!

そんなかでずんずん進んでいく。

f:id:rahaneu15:20170625210123j:image

なんか初めての感覚なんだけど、登山、楽しかったんよ〜

心を無にして歩く、という快感?自由でした〜

 

 

ほんで、雪のため奥社は埋まってて、取り敢えず仮のお社に参ったよ。

九頭龍神社も!

ここが、真澄の…と思うとなんとも言えない。

神様がおわすのだ…

 f:id:rahaneu15:20170625210434j:image

 

f:id:rahaneu15:20170625210500j:image

 

 

雪道に若干滑りながらもさくさく帰る。

なんで登山してると、みんなフレンドリーなんだろうね?

歩いてたらこんにちは、って挨拶してくれるから嬉しくて、私も知らない人にこんにちはって、言ったよ。

普段ならしないのに。てかしてくる人は不審者だと思う。生きづらい世の中だね〜…

 

 

 

帰りは、戸隠そば!

綺麗めなとこ寄ったら観光客価格でびっくり。

でも美味しかったー。

当分そばはいいな…

 

 

あとはドライブしつつ、帰って来たけど、途中道分かんなくてギリギリになってしまった。

車返して駅へ。

 

駅からバスで3時間。

19時にはお家に帰って来た。

ふう〜、やっぱおうちが一番。

 

でも、旅行は楽しくてやめられない。

山にも登りたくなったから、今度はどこへ行こうかなあ。

 

海外は色々めんどそうだし今更行く気は起きないんだけど、国内は全部行きたい。

願わくば、1週間くらい一つの県に留まってくまなく観光したい。

 

はあ〜、仕事、嫌すぎて現実逃避だよ。

 

 

 

 

 

おやすみ。